2008年08月25日

梅森浩一著「残業しない技術」

梅森浩一著「残業しない技術」扶桑社、¥1,050
薄い本でした。通勤電車の往復1時間の間に2回読めて、このブログを書ける程度に。役に立つかどうかは個人差も大きいと思います。著者は就職したばかりのペーペーのビジネス・パーソンを念頭において書いていらっしゃるようですから、すでに社会人になって5年以上立っているような人なら、立ち読みで終わられてもよろしいのではないでしょうか。

 この本では仕事を「サクっとこなす」ことを目標に書かれています。著者はこの「サクっ」を「手抜きではなく、スマートな過不足のなさ」とおっしゃっていますが、「サクっとこなす」という言葉が多用されるのを聞いていると、ずいぶんケーハクで手抜きをしているように思えるから不思議ですね(笑)。

 けなしておいて、では得るところがなかったかといえば、そんなことはありません。「80%でもやりすぎ!」では、「あなたのその仕事のやり方は、たんなる『自己満足』ではないですか?」(p.14)とたずねられて、思わずハッとしてしまいます。また、早く帰る日にこそいいスーツを着る、気分転換にネクタイを変えるだけでなく、メガネや腕時計を変えてみるというのは、私にとっては斬新でした。
 反面、「ホワイトボード演技術」で使われている姑息な手段を見ると、外資系企業でこの人はこんな仕事してたんかと思わず天を仰いでしまいました。こうまでしないと残業を免れることはできないのかと思ってしまいますが、たまに早く帰るというのであれば、きちんと上司や同僚に伝えて気持ちよく変えるほうがいいのではないかと思うのですが……

 さて、私がこの本でもっとも共感できたのは、「プライベート最優先」の項目です。この本を読む前でしたが、私も「次の正月休みは海外旅行しますから」とちょうど宣言したところでした。本当に行くかどうかはまだ未定ですが、宣言した以上は仕事をこなしておかないと、何を言われるかわかりません。自分へのプレッシャーにもなり、良い効果が得られるだろうと勝手に思いこんでいます(笑)。筆者は「最後に」でも、ふたたび「プライベートな時間の大切さ」を説きます。人の時間を使うことに私はたしかに無神経だったように思います。結局それは同じように自分の時間も人に使われてしまうことにつながるのではないでしょうか? 同じ与えられた24時間を、どう有効に有意義に使うか?
 その点で「自分の頭の中で『完璧な段取りができていたから』」(p.95)という状態を作るのは、私に足りない部分として、今後の課題です。事前にいろいろなことを想定しておくというのが私は苦手です。やってみてから考えるタイプですから。取りかかる前にいろいろ考えておけば、もう少し段取りもよくなるかと思います。
 
posted by zxcvaq at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

頭のいい人がしている整理・ファイリング術

桃山透著「頭のいい人がしている整理・ファイリング術」ぱる出版、¥1,470
部屋をきれいにすることはできても、むずかしいのはそれを維持することでは? との疑問から、たまたま目についたこの本を読みました。筆者はまず、「ファイリングをしなさい」と勧めます。で、クリアフォルダや角2封筒はいいのですが、2穴ファイルになると穴をあけなければならないので、もう面倒。「ファイリングをする癖をつけよう」といわれて、それができないから苦労してるんだろう、と一人でツッコミを入れてしまいます。しかし第2章「ファイリングに効く道具活用法」でホチキスやダブルクリップ、長形封筒とゼムクリップときて、これくらいならできるかなと思わせる構成ですね。「ワンペーパーカッター」も便利で、さっそく買いに行こうかと思ったぐらいです(笑)。これ、なんで1枚しか切れないのでしょうね? それはともかく、使ってみたらきっと便利だろうと思います。

 本書はこのあと、机の整理とPCのデータの管理について述べています。PCのファイリングについては、参考になる人が多いのではないでしょうか。私はかなりおおざっぱな分け方しかしていませんけど、捨ててさえいなければ検索でひっかかりますから、それほど心配していません。作成した時期とか、キーワードはそれほど忘れませんから、あまりこだわらなくてもよいかと思います。
 PCでのデータ管理について、私は知らなかったのですが、「デスクトップ上部に、フォルダの内容を表示させる」(p.126)というワザ、これは使えますね。過去に作ったデータを使い回して新しいファイルを作ることは少なからずありますし、そのときに二つ以上のファイルを参照することもあります。するとデスクトップが開いたフォルダでいっぱいになりますので、探すのも大変です。これはさっそく今日から使わせていただきます。

 さて、この本でもっとも参考になるのは、最後の第7章でしょう。整理を行き届かせるためには結局、モノをいかに減らすか(貯めこまない)が大事なのだろうと思います。書類を手にした瞬間に分類する−−必要でないものはすぐに捨て、また必要性がなくなったらたちまち処分することで、モノを増やさないよう努力しなければなりません。このあたりのキモが第7章です。ケータイ、カバンなど道具も視野に入れ、「これならできるかも」と参考になります。「使える」手法を採り入れて、私なりの「ファイリング術」を研究したいと思います。
posted by zxcvaq at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

少しの整理でなんでもうまくいく

デニース・スコフィールド著「少しの整理でなんでもうまくいく―神様の整理術」、PHP、¥1,470
ゴミためのようになっていた、というと大げさですが、妻から子に「あの部屋は入ると病気になるから近づいてはダメ」と言われていた私の部屋をきれいにしまして、子どもがよく入ってくるようになりました。かたづけ終了後、私の部屋でなくなったものがなぜか子どものおもちゃ箱から見つかるなどの弊害もありましたが(笑)、概してよかったです。

 というわけで、ここのところ、整理に関する本をいくつか読みました。そのひとつがこれ。2002年の出版ですがすでに絶版のようです。たぶん日本ではあまり受けなかったのだろうと想像します。アメリカ的というか、日本においては参考にならないことも多数あるかと。
 しかし、アイディアに満ちた本で、整理に関する視点を提供してくれました。結局、汚さないように予防することが大切なのだと感じました。目標を立てて行動していくことが大事なようです。また、とても前向きな本です。こういうポジティブな考えかたは、日本人ではあまり出てこないでしょうかね? さらに、子どもに対する接しかたは勉強になります。家事を手伝わせることなどは、今でもやっていますけれども、もう少し上手に関われるようになりたいと思っています。私が使えると思ったのは、「ごほうびのリストを作っておく」ことです。

 この手の本で、スケジュールの大切さはよく説かれています。この本もそうですが、特に献立をあらかじめ立てておくというのは、うちでは考えられないですね。先を見越してあらかじめ食料を買っておいたり、まとめて刻んでおいたり下味を付けておいたりとか、たしかにこれなら無駄が省かれるとは思いますが、料理があまりおいしくなさそうな気も……

 生活整理に役立つ6つの習慣が出てきます。
1) 考えてから動く
2) 処分と、仕分けをする
3) ひとまとめにする
4) 自分の動作を意識する
5) 予防策を立てる
6) 家事の先行投資をする
 できてりゃ苦労ないよ、と思いますが、逆に私にはこうした視点が欠けているから部屋が整理できなかったのかとも思います。ここにあがっているのは「習慣」なのです。これらの考えかたが習慣になるよう、自分を変えていく必要はありそうですね。

 モノが処分できない性格については、このガイドラインが参考になりました。
1)ものの善し悪しはその歴史では決まらない
2)自分の価値観や趣味は断固守る
3)流行に惑わされない
4)送り主の気持ちに感謝し、贈り物は処分する(p.102)
このガイドラインがあっても、それでも捨てられないものは取っておいてくださいと言われると、ほっとします。全部が全部、すべてを捨てなくてもよいのですね! すべてのものに決まった場所を与える。その際、最初に使う場所の近くに収納するのも、なるほどと思います。そしてモノがなくなったらそれを記録に取っておき、ベストの収納を考える。うーんできるかな(笑)? でも言っていることはよくわかりました。

 これで今日から家の中は完璧かというと、まだまだほど遠いのですが(笑)、心がけるようにしたいと思います。
posted by zxcvaq at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

知的DIYの技術

中野不二男著「知的DIYの技術―木製玩具から山荘作りまで 」新潮選書、¥1,050
あえて「知的」と銘打つ、その意図は? 私にはよくわかりません。モノを作らなくなった日本人の考察などは、知的かどうかは別として、必要な作業なのでしょう。それはそれとして、モノを作るのは楽しいことですね。

 手はじめは道具。道具は重要です。市販の道具を使ってぜんぜんうまくできなかったのに、プロの道具を借りて使ったらすごくかんたんに、しかも上手にできたなんてこと、よくあります。それをプロの人が使ったら、さらに早く、きれいにできたりするので、道具ばかりを言い立ててもしょうがないのですが…… 筆者も、「電動ドリルと電動丸ノコで、私は自信と夢を持った」(p.5)そうです。私、不器用ですけど、こういうのを読むと自分でもやってみたくなります。私も中学生時代、本棚を作って賞状をもらったことがありますので(笑)、挑戦してみたいと(笑)。私としては本棚とか、自分で日常的に使うモノを作ってみたいと思っています。

 この本の中で一番興味を引いたのは、ウィークエンドハウスを自作することです。私もぜひこれに挑戦してみたい。車で2、3時間のところに土地を買って、基礎と屋根ぐらいをプロにお願いして、後はのんびり自作。「ログハウスを造る」みたいな本もありますので、2×4あたりも含めて、研究してみたいと思います。現実には、土地を買う時点で私にとってはあり得ない選択になっていますが(笑)、
 ウィークエンドハウスで何をするか? 私はぜひ野外でパーティなんかできるような環境がほしいと思っています。キャンプの経験がないのですが、そんな雰囲気。夜、星を見たり、バーベキューとか、釣った魚を焼いて食べるといった感じのことです。またウィークエンドハウスでは、ぜひ読書環境を整えたいと思います。壁に本棚を作りつけることと、PCの環境は整えたいと思います。そういう場所でブログを書いたら、きっとはかどることでしょう(笑)。すばらしいものがかけるのではないでしょうか(笑)。

posted by zxcvaq at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

堀江貴文著「100億稼ぐ仕事術」

堀江貴文著「100億稼ぐ仕事術 (SB文庫)」SB文庫、¥690
今さらといわれるかもしれませんが、日垣隆氏がご自身の著書の中でこの堀江氏の本を取り上げ、よいと思ったことはやってみるべきだと言っておられましたので、それにならって私も読んでみました。
 多くのかたが、この本について、「まっとうなことを言っている」と評していたように記憶していますが、私も賛成です。至極まっとうなことを述べた本。誰もがこれまでにどこかで聞いたこと・読んだことをまとめた本ともいえます。結局方法論的にはこういった手法に落ち着くのかもしれませんね。

 この本でもっとも重要な概念は、「アナログデータをデジタル化する」ことです。デジタル化といっても堀江氏が言うのは「メールで自分に送る」ことなのですが、逆に言えばこれだけでデータはデジタル化できる。「思考の道具」がケータイのように小さくなり、安価になり、カンタンになり、いっそうデジタル化することはまちがいない。そうしたときに堀江氏の手法は使えるのだろうと思います。仕事はノートPCに一元化し、自分宛のメールを処理すれば「あ〜ら不思議」、仕事も片づくし、記録も残るという。現実にここまで簡単にいくかと思われるかもしれませんが、私がやっているのも同じことのアナログ版だったのです。つまりやることをノートに書き出し、終わったら消すというそれだけ。デジタルになれば、リマインダーとして機能させることも可能です。便利ですねー。

 堀江氏のように派手にやるかどうかはとりあえずおいておきますが、彼の「物事を突き詰めて考える」やりかたから、きっと得られるところは多いと思います。お金もついてくるのではないでしょうか? 

posted by zxcvaq at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

宮崎学著「地下経済―この国を動かしている本当のカネの流れ」

宮崎学著「地下経済―この国を動かしている本当のカネの流れ」青春出版社、¥700
タイトルからして暗い本です。書いてあることは、ごく当たり前のことと言えるかもしれません。言っていることには説得力があると思いますが、たぶん誰でも「そうかもなー」と思っているような内容で、特別なことではないと思います。日本の政・官・財における癒着やアメリカとの関係などの問題点を、口語的な言葉(関西弁口調)で書いてある本です。
 では、これは読まなくてもよい本か? 必ずしも読まなければならないわけではないと思いますが(笑)、最終第4章の文章だけは紹介したいと思います。「全体が一色に塗りつぶされるような社会は、やはりどこかおかしい社会なのだ。気に喰わない奴が横にいて、向こうもこちらを気に喰わないと思いながらもそこにいるという関係のほうが、成熟した民主主義なのである。気に喰わない奴は排除してしまえ、殲滅してしまえという民主主義など、ありえない話なのだ」(p.195)。その通りだと思います。アメリカしかり。そして日本もまた、そちらの方向を向いてアメリカの後ろをついて歩いています。安倍新政権が発足しました。
 気に入らないと言えることは、健全なことだと思います。議論をつくせばわだかまりが解けるというような単純なものでもありません。しかし自分の中で説明しきれないことも含めて、「気に入らない」と表明できる空気は大切だと思います。「それならそれでよい」と認められる寛容さが社会、あるいはもっと身近な職場とか、自分の周りにもっとあればと思うことがあります。

 宮崎氏は「突破者」という著作がありますが、残念ながら私は読んだことがありません。おもしろそうだなとは思いつつ、まだ手に取るまでにいたっていないので、機会があれば読んでみたいと思います。
posted by zxcvaq at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

ボード・シェーファー著「そろそろ、本気でお金持ちになってみませんか」

ボード・シェーファー著「そろそろ、本気でお金持ちになってみませんか
イヌが教えるお金持ちになるための知恵」と同じ著者による、そのものズバリのタイトルで手に取る方もこっぱずかしくなってしまいますが、今日はこちらを紹介します。

この本では、まず三年後にどれだけの収入がほしいかを尋ねています。大事なのは金額の多寡ではありません。数字は目標達成のための物差しに過ぎない、大事なのは自分が立派な人間に成長していくことだと、著者は著者のマネーコーチから教えられました。確かにその通りです。実は私も、自分の収入の少なさをいつも嘆いていました(いや、確かに少ないんですが)。

 収入を高めるための努力などは参考になります。たしかにこうしたことができれば、自分もお金持ちになれると思います。しかもひとつひとつはそれほど難しいことでもないし。

 なかで「お金と仕事をめぐる12の新しいルール」が出てきますが、これなど非常に参考になります。即座に実行可能です。
1. 一度の仕事で何度も稼ぐ かけた時間に対してお金をもらうのは古い考え方。
2. 売れる仕事をやれ 一番大事な「アイデア」をどう売るかを考える。
3. 時代にあった理想を追え 自分の能力と情熱にかなったことを探して、それをとことん磨いてキャリアを積め。
4. 勝つためには危険をおかせ 危ない橋を渡って勝ちにいけ。
5. 失敗が成功を生む 失敗を重ねてはじめて成功への道が開ける。
6. たえず学び、成長せよ 私たちは一生たえず学び、成長するもの。
7. 仕事は新しく自分で考え出せ ただ努力して自分を高めるだけでは不十分。ときには過去と決別して、新しい仕事を自分で考え出すこと。
8. お金儲けは一種の遊び 好きなことをすることではじめて、ほんとうの幸せを感じ、たくさんのお金を稼ぎ、「人生はいいものだ」と思える。
9. 自分の欠点にこだわるな 最高の収入を上げるには、自分の長所を伸ばすこと。
10. 欠点をカバーするには、長所を伸ばすか、欠点を長所に変えるか
11. 仕事・勉強・スペシャリスト(その道の達人)になるための自分磨きは、全部一緒にやる
12. 一日のノルマのほかに、自分を磨いてその道の専門家になる努力をする。

「収入を上げる15の掟」というのも出てきます。
1. ベストを尽くせ
2. もうけ話から先に片づけろ
3. まわりを和ませろ
4. やることはなんでも好きになれ
5. たえず学んで成長しろ(大きな「スポンジ」になれ)
6. 仕事だからといってあまり固くなるな
7. 長所を伸ばせ
8. 自信を高めろ(サクセス・ダイアリーをつけよう)
9. ひとつのことに集中しろ
10. 早起きしろ
11. 人前で上司に逆らうな
12. 些細なことで興奮するな
13. 責任は全部引き受けろ
14. 迷いを口にするな
15. 「給料を上げろ!」とはっきり言え

これも大事。「本物のスペシャリストになるための10の基本方針」です。
1. 「よさ」よりも「違い」が大事
2. 並のすごさではだめ、並はずれたすごいことをやれ
3. 限られた分野で一番になれ
4. トップになれなかったら、自分で新しいジャンルを作れ
5. 広く浅くより、小さくひとつに絞れ
6. 人間の基本的欲求に応えろ
7. 客層を絞れ
8. 人が困っている問題を解決しろ
9. 自分をうまく宣伝しろ
10. 自分の価値は自分で決めろ

そして、「『その道の達人』となるための道案内」です。
1. 好きなこと、能力や才能にぴったりくること、自分を「特別な人」「人と違う人」にしてくれるものを見つける
2. そうしたものがなぜ自分を元気づけ、楽しくて勇気がわくのかを考え、それを元に人生のビジョンを描き、職業と結びつけてみる
3. サラリーマンとして専門職を目指すのか、独立するかを選択する
4. 「新しいルール」、「収入を上げる15の鉄則」を頭にたたき込み、実行する
5. 毎日欠かさず、スペシャリストになるための自己鍛錬をする
6. もしめでたくスペシャリストになったら、毎日最低1時間は、自分の技にさらに磨きをかける努力をする

 どうですか? すべて、実行する価値のある事柄だと思います。そして全部実行できた暁には、晴れて大金持ちへの第一歩を踏み出せるというわけです。全部できなければ、一つずつでいいと思います。大事なのははじめること。
posted by zxcvaq at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。