2006年06月03日

岡崎良介著「フリーランチ投資家になろう!」

実践できているかどうかは別として、考え方が非常に参考になった一冊です。本編では毎月1日に、日本の株式・債券、海外の株式・債券の投資信託の価格を載せて前月と比較していますが、これはこの「フリーランチ投資家になろう!」をヒントにはじめたものです。

 「フリーランチ投資家」とは海外の債券投資から得られる利息収入により、フリーランチが食べられるような安定的な収入を得る投資活動を指します。基本は「海外債券」70%+7年と日本株式30%+3か月または海外株式30%+9年、すなわち「国際長期分散投資」がキーワードです。
 このような投資は面白味には欠けるのですが、自分の目を養うという点でとても勉強になります。たとえば海外債券を購入する7年という期間について、「7年という時間の持つ意味と力を、成長という観点から漠然とイメージしてみる」ことを勧めています。私の目標であるところの「8年で600万円」ですが、600万円はともかく、8年の持つ意味は何か。ミクロな視点では家族の年齢構成にともなう出来事とあわせて、日本や世界などのマクロなイメージに思いをいたすことが大切だと思います。著者の岡崎氏は、「高齢化社会の進展、フリーターの増加、日本の産業構造があまり変わっていないこと、極端な円高はないこと」をあげておられます。こういった視点は大切だと思います。
 私は、これからの世界は二つの視点から語られる(べきだ)と思っています。ひとつは「環境」。もうひとつは環境、法令遵守などの「社会的責任」です。もちろん私が買うのはETFが多くなると思いますが、個別銘柄については、これらの視点から眺めてみたいと思っています。
posted by zxcvaq at 08:38| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆☆☆☆☆(必読!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

木村剛著「投資戦略の発想法」

実は以前別の場所で取り上げたのですが、書籍専用のサイトを初めるということで、私にとって最重要といってもいい大切な本のひとつ、木村剛著「木村剛の図解 財産を守るための投資戦略の発想法」を取り上げます。

 木村氏はこの本を出版された時点で、すでにかなり有名人だったわけですが、その後も現在まで、いろいろなところで活躍しておられます。写真で見るとかなり「切れ者!」な感じがして(実際切れ者ですが)、とっつきにくい感じがしますね。最初に写真を見ていたら、買わなかったかもしれません(笑)。しかし、書物やブログで見る限りでは、個人の投資についてとても「地に足のついた」、まっとうなことをいわれるかたです。このブログのタイトルは木村氏の著作に影響を受けた結果です。今思えば、長くて失敗しだったかなと思いますが(笑)。

 この本では、まず投資をはじめるまでの準備段階があげられているのですが、これがまた長い(笑)。投資にいたるまで非常に時間がかかります。

まず、
・資産・負債の一覧表をつくる
・「生活防衛資金」として、二年間の必要な生活費を預金で持つ
というのが出てきます。かりにひと月10万円の生活費がかかるとしても、2年分で240万円の預金を貯めることからはじめるわけですから、本を買った途端ガックリくる人もおられると思います(笑)。

 しかし私もこのおかげで、投資に対する心構えが確立したと思います。覚悟が決まったというか。その後、いろいろあって預金は取り崩したのですが(笑)。投資をはじめてかれこれ5年ぐらいたったと思いますが、その後自分なりの考えが固まってきたり、知識として理解できたことがあるので、現在でもこの本に100%従っているわけではありません。それでもこの本の内容は色あせていません。昨年のように株価が大きく上がろうと、あるいは今年のように株価が不安定であっても、この本を読み始めるのに遅くはありません。

 新版は本屋で立ち読みしてみましたが、内容はそれほど大きくは変わっていないようです。絵が入ったりして、読みやすくなっています。「はてな」を見ていても、一時期ほどの「投資初心者」にはお目にかかれなくなっていますが、これから投資を考えていこうとしておられるかたは、ぜひ一度読むべきです。でも投資をはじめるまでの壁は高いですよ(笑)。
posted by zxcvaq at 06:33| Comment(0) | TrackBack(2) | ☆☆☆☆☆(必読!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。