2008年04月08日

少しの整理でなんでもうまくいく

デニース・スコフィールド著「少しの整理でなんでもうまくいく―神様の整理術」、PHP、¥1,470
ゴミためのようになっていた、というと大げさですが、妻から子に「あの部屋は入ると病気になるから近づいてはダメ」と言われていた私の部屋をきれいにしまして、子どもがよく入ってくるようになりました。かたづけ終了後、私の部屋でなくなったものがなぜか子どものおもちゃ箱から見つかるなどの弊害もありましたが(笑)、概してよかったです。

 というわけで、ここのところ、整理に関する本をいくつか読みました。そのひとつがこれ。2002年の出版ですがすでに絶版のようです。たぶん日本ではあまり受けなかったのだろうと想像します。アメリカ的というか、日本においては参考にならないことも多数あるかと。
 しかし、アイディアに満ちた本で、整理に関する視点を提供してくれました。結局、汚さないように予防することが大切なのだと感じました。目標を立てて行動していくことが大事なようです。また、とても前向きな本です。こういうポジティブな考えかたは、日本人ではあまり出てこないでしょうかね? さらに、子どもに対する接しかたは勉強になります。家事を手伝わせることなどは、今でもやっていますけれども、もう少し上手に関われるようになりたいと思っています。私が使えると思ったのは、「ごほうびのリストを作っておく」ことです。

 この手の本で、スケジュールの大切さはよく説かれています。この本もそうですが、特に献立をあらかじめ立てておくというのは、うちでは考えられないですね。先を見越してあらかじめ食料を買っておいたり、まとめて刻んでおいたり下味を付けておいたりとか、たしかにこれなら無駄が省かれるとは思いますが、料理があまりおいしくなさそうな気も……

 生活整理に役立つ6つの習慣が出てきます。
1) 考えてから動く
2) 処分と、仕分けをする
3) ひとまとめにする
4) 自分の動作を意識する
5) 予防策を立てる
6) 家事の先行投資をする
 できてりゃ苦労ないよ、と思いますが、逆に私にはこうした視点が欠けているから部屋が整理できなかったのかとも思います。ここにあがっているのは「習慣」なのです。これらの考えかたが習慣になるよう、自分を変えていく必要はありそうですね。

 モノが処分できない性格については、このガイドラインが参考になりました。
1)ものの善し悪しはその歴史では決まらない
2)自分の価値観や趣味は断固守る
3)流行に惑わされない
4)送り主の気持ちに感謝し、贈り物は処分する(p.102)
このガイドラインがあっても、それでも捨てられないものは取っておいてくださいと言われると、ほっとします。全部が全部、すべてを捨てなくてもよいのですね! すべてのものに決まった場所を与える。その際、最初に使う場所の近くに収納するのも、なるほどと思います。そしてモノがなくなったらそれを記録に取っておき、ベストの収納を考える。うーんできるかな(笑)? でも言っていることはよくわかりました。

 これで今日から家の中は完璧かというと、まだまだほど遠いのですが(笑)、心がけるようにしたいと思います。
posted by zxcvaq at 06:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。