2008年03月31日

知的DIYの技術

中野不二男著「知的DIYの技術―木製玩具から山荘作りまで 」新潮選書、¥1,050
あえて「知的」と銘打つ、その意図は? 私にはよくわかりません。モノを作らなくなった日本人の考察などは、知的かどうかは別として、必要な作業なのでしょう。それはそれとして、モノを作るのは楽しいことですね。

 手はじめは道具。道具は重要です。市販の道具を使ってぜんぜんうまくできなかったのに、プロの道具を借りて使ったらすごくかんたんに、しかも上手にできたなんてこと、よくあります。それをプロの人が使ったら、さらに早く、きれいにできたりするので、道具ばかりを言い立ててもしょうがないのですが…… 筆者も、「電動ドリルと電動丸ノコで、私は自信と夢を持った」(p.5)そうです。私、不器用ですけど、こういうのを読むと自分でもやってみたくなります。私も中学生時代、本棚を作って賞状をもらったことがありますので(笑)、挑戦してみたいと(笑)。私としては本棚とか、自分で日常的に使うモノを作ってみたいと思っています。

 この本の中で一番興味を引いたのは、ウィークエンドハウスを自作することです。私もぜひこれに挑戦してみたい。車で2、3時間のところに土地を買って、基礎と屋根ぐらいをプロにお願いして、後はのんびり自作。「ログハウスを造る」みたいな本もありますので、2×4あたりも含めて、研究してみたいと思います。現実には、土地を買う時点で私にとってはあり得ない選択になっていますが(笑)、
 ウィークエンドハウスで何をするか? 私はぜひ野外でパーティなんかできるような環境がほしいと思っています。キャンプの経験がないのですが、そんな雰囲気。夜、星を見たり、バーベキューとか、釣った魚を焼いて食べるといった感じのことです。またウィークエンドハウスでは、ぜひ読書環境を整えたいと思います。壁に本棚を作りつけることと、PCの環境は整えたいと思います。そういう場所でブログを書いたら、きっとはかどることでしょう(笑)。すばらしいものがかけるのではないでしょうか(笑)。

posted by zxcvaq at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。