2008年01月05日

堀江貴文著「100億稼ぐ仕事術」

堀江貴文著「100億稼ぐ仕事術 (SB文庫)」SB文庫、¥690
今さらといわれるかもしれませんが、日垣隆氏がご自身の著書の中でこの堀江氏の本を取り上げ、よいと思ったことはやってみるべきだと言っておられましたので、それにならって私も読んでみました。
 多くのかたが、この本について、「まっとうなことを言っている」と評していたように記憶していますが、私も賛成です。至極まっとうなことを述べた本。誰もがこれまでにどこかで聞いたこと・読んだことをまとめた本ともいえます。結局方法論的にはこういった手法に落ち着くのかもしれませんね。

 この本でもっとも重要な概念は、「アナログデータをデジタル化する」ことです。デジタル化といっても堀江氏が言うのは「メールで自分に送る」ことなのですが、逆に言えばこれだけでデータはデジタル化できる。「思考の道具」がケータイのように小さくなり、安価になり、カンタンになり、いっそうデジタル化することはまちがいない。そうしたときに堀江氏の手法は使えるのだろうと思います。仕事はノートPCに一元化し、自分宛のメールを処理すれば「あ〜ら不思議」、仕事も片づくし、記録も残るという。現実にここまで簡単にいくかと思われるかもしれませんが、私がやっているのも同じことのアナログ版だったのです。つまりやることをノートに書き出し、終わったら消すというそれだけ。デジタルになれば、リマインダーとして機能させることも可能です。便利ですねー。

 堀江氏のように派手にやるかどうかはとりあえずおいておきますが、彼の「物事を突き詰めて考える」やりかたから、きっと得られるところは多いと思います。お金もついてくるのではないでしょうか? 

posted by zxcvaq at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/76522428
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。