2007年11月29日

脳が冴える15の習慣

私たちはともすると、脳を衰えさせることばかりしているのではないか? 脳を衰えさせないために大切なのは、高度な訓練や「脳トレ」ではなく、ごくありふれた習慣を愚直に繰り返すことのなのです。築山節著「脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)」の主張です。

 朝早く起きること、夜きちんと寝ることといった当たり前の生活習慣が、脳にとってはどれだけ大切か。むずかしいことでも何でもありません。しかし当たり前の生活習慣が守りにくくなっているのが現代です。子どもですら、夜更かししている子が当たり前にいます。学校の成績ときちんとした生活習慣(ex. 早寝早起き、朝食をきちんと摂る、etc.)には相関関係があるそうですから、規則正しい生活をするのは非常に大切であると強調しておきます。また、当たり前のことですが、睡眠時間を削って勉強するなどはまったく意味のないことです。仕事も同じです。早く寝ましょう。

 私が大事だと思ったのは、まず「習慣5 自分を動かす「ルール」と「行動予定表」をつくろう」です。私は、自分の能力が高くないとしても、決して他と比べて見劣りするものではないとかたくなに信じていますが(笑)、期日がある仕事の納期が守れなかったり、うっかりミスがしばしばあるなどの問題に悩んでいます。こうしたことは、チェックリストをつくって漏れのないようにするなど、簡単にできるかなと思ったりします。しかしチェックリストを作ったことを忘れてしまったりするので、お話しにならない部分も少なからずありますが(笑)。筆者は「書きながら考える」、「書いて確認する」ことの大切さを説いています。私も、なるべく、いちいち、細かく書くことを肝に銘じています。

 また「習慣6 忙しいときほど、「机の片付け」を優先させる」は実行したいところです。ブログにも書いていますが、私は整理整頓があまり得意ではありません。「かなり苦手」というほうが正確でしょう(笑)。筆者は「思考の整理は物の整理にあらわれる」と表現していますが、たしかに私の頭の中もごちゃごちゃでとりとめがなく、整理されていなくていつも途方に暮れています。せめて部屋の中だけでも、第三者にもわかる整理整頓をしてみたいと思います。

 仕事などの意欲を高めるために、「習慣15 人を好意的に評価しよう。時にはダメな自分を見せ」るのも大切だと感じます。私にも他人を好意的に評価するという視点はあまりなかったように思います。他人をほめるのは他人のためにやっているわけではなく、自然とそうした感情が起ってくるような人になるまで、しばらくは私も調整していきます。

 最初に書いたとおり、当たり前のことを普通にこなすことこそが、脳を衰えさせない秘訣です。また、ブログを書くことなども有効であると筆者は説きます。私、早起きですが、睡眠時間は少ないかな? この本のおかげでいくつかの行動指針ができたように思うので、さっそく実行していきたいと思います。

posted by zxcvaq at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。