2007年10月31日

日垣隆「知的ストレッチ入門」

日垣隆著「知的ストレッチ入門―すいすい読める書けるアイデアが出る」大和書房刊、¥1,365
これは勝間さん言われるところの勉強本で、買うなと言われている矢先から買ってしまいました(笑)。でも勉強になります。なにごともアウトプットを意識し、そこにつなげるようにすると、私自身も気に掛け、勝間さんもおっしゃっていましたが、それをもっと徹底しなさいと日垣さんは言っておられます。

 これはブログに限らず、すべての日常、すべての業務にも言えることだろうと思います。抽象的ではなく、定量的に言えるようにすること。がんばるとか、精一杯するとか、言葉としては何の意味もありません。堅苦しい言いかたになるかもしれませんが、今後は私自身、抽象的ではなく、具体的に表現するようにします。子どもに話すときも同じ。なんとなくわかったつもりで、それとなく示唆するのではなく、具体的に。ただし最初から答えを言うのではなく、考えさせること。子どものうちからやってれば、少しはモノになるのではないでしょうか(笑)。

 知的ストレッチの3原則が冒頭に出てきます(p.19)。
1. インプットは必ずアウトプットを前提にする
2. うまくいった諸先輩の方法をどんどん採り入れる
3. おのれを知る
そしてこの3原則から、「知的ストレッチ」として具体的に7つのアプローチが展開されます。すなわち、
1. 読む
2. 構える
3. 考える
4. 創る
5. 書く
6. 疑う
7. 決める
つまり、読みかた、構えかた、考えかた…… を解説してくれています。さすが日垣氏、まとめかたもうまく、「なるほど〜」とうなりながら読みました。たとえば「読む」では、素直に読むこと、大量に読むこと、付箋の使いかたなどを解説しています。そして「いったん本を読み終えてから、5分程度かけて、付箋を貼ったり角を折ったり書き込みをした箇所だけ、まとめて再読します。この「まとめて再読」があるのとないのとでは、その後の読書力は30倍ぐらい違ってくるでしょう。(改行)黄金の5分間です」(pp.48-49)。なるほど。ブログで取り上げる前提で本を読むと、自然とこういう読みかたになります。しかしアウトプットを前提に、大量に本を読むことは普段ほとんどないので、機会があれば活かしたいと思っています。
 テクニック的に参考になることがけっこう細かく書いてあるので(特に前半)、こういう「知的生産の技術向上」を狙っているかたには参考になることが多いでしょう。

 この本、カバーには日垣氏の使っている書類整理用のクリアチェスト「MEDIX (メディックス) A4ファイルユニット ホワイト」、本文の表紙には氏のオーダーメイドカバンの写真が使われています。クリアチェストはどこでも買えるでしょうから、かばんをもう少しくわしく見てみたいですね。その意味で、この本にイラストや写真が豊富に使われているともっとよかったと思います。しかし記述はかなり具体的ですからあえてビジュアル化はせず、逆に「読み手のほうでいろいろ考えて自分の思うとおりにやってみたら」と言う日垣氏のメッセージなのかも知れません。

 前書きで日垣氏は本書のことを、「すぐに使える21世紀版「知的生産の技術」を目指しました」(p.2)とありますが、その試みは成功していると思います。ただ、氏も言っておられますが、こうした技術はテクノロジーの進展ですぐに陳腐化します。自分で満足してしまうことなく、いろいろ試してみることが大切なのだろうと思います。ひとつでもやってみると、自分がずいぶん変わると思いますよ。そしてこの本、あくまで「入門」です。中級、上級へと進めるかどうかは、自分でいろいろとやってみることにつきると思います。
posted by zxcvaq at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆(必読!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63600402
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。