2007年09月24日

勝間和代著「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」

勝間さんの本「無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法」を立ち読みで読み終えたあと、購入しました。やはり、よい本です。

 勝間さんは、勉強することで年収を上げろとおっしゃっています。「年収がだいたい1,500万円になるくらいまでは、年収と幸福感の間には正の相関があるといわれています」(p.4)。身も蓋もないと言ってしまえばそれまでで、露骨ですね(笑)。しかし、たしかに年収が上がると幸福になるというのはわかります。ですから年収増につながるような勉強をするのだと。しかし、同じ勉強でも、基礎力を上げる勉強をするべきで、教養を上げるための勉強とは違うことを知っておかなくてはなりません。「一般に子どものころからの優等生の、一見勉強熱心な人は、とかく教養のための勉強に走りがちですが、たいてい職場の雑学博士になってしまうだけです」(pp.5-6)。耳が痛い。私がよく、職場でいわれるのですよね、雑学だけ強いと(笑)。

 そして具体的な考えかたや手法を紹介されるのですが、ご本人が最後のほうで述べていらっしゃるように、「この本が、他の勉強法の本と大きく違うことは、設備投資的な発想が強いことではないかと思います」(p.215)。機器とその使いかたを述べていらっしゃる点はこの本の特徴でしょう。現在ではIT機器が安価に手に入り、それを使うことでわれわれの勉強のやりかたは過去とはくらべものにならないほど飛躍的に効率化する。これを使わない手はないのです。そのほうが簡単です。「勉強法において差別化できるのは、道具とやり方です。人間、覚える能力とか意思の力にはそんなに大差はありません。そこを勘違いして、努力論に走るから、なかなか続かないのです」(p.120)。「意志に頼らず、仕組みで補えば、勉強は必ず続けられますし、成果も出ます。必要なのは、意志ではなく、仕組みや設備への投資なのです」(p.217)。意志に頼っても続きません。

 なお、「この本に書いてあることをやらないうちは、次の勉強法は買わないでもらいたい」(p.213)とのことで、普通の人だと嫌味たっぷり〜ですが、勝間さんはそれほどこの本の手法に自信があるとお見受けしました。たしかに、この本と心中する気で勉強に取り組めば、他の本は必要ないでしょうし、またこれぐらいやれば絶対に勉強は苦痛ではなくなることと思います。年収は、10倍とはいいませんけど、たぶんついてくると思いますよ(笑)。
posted by zxcvaq at 06:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆☆(必読!) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。