2008年11月03日

2008年11月の読書

先月は本編に書評を1冊もあげていない。8、9月も1冊ずつ。7月は6冊も書いてるのに…… 最近読んでいないわけではないのですが、読みきった数は少ないかもしれません。少しずつ読んでは止めて、という感じです。別に全部読まなくても、途中経過までブログに書いておくというのもアリかもしれませんね。

 さて、今読んでいる本は橘玲著「マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書)」。日本でこのような犯罪が行われていたのですね。いきなり最初から結構むずかしくて、字面を追うばかりです。もう少しじっくりと読んでみたいと思っていますが、最近の代表的な金融犯罪、特に海外のタックスヘイヴンを使うような例が引かれていておもしろいです。私がやってもいいのですが、動かすお金がありません(笑)。いつかお金を持ったらやってみたい。私の人生で「億」などという単位のお金を扱うことはありませんけど(笑)。

 続いて、中谷内一也著「安全。でも、安心できない…―信頼をめぐる心理学 (ちくま新書 746)」。小飼弾氏のブログに即座に反応してしまいました。「安全でも安心できない」とは私たちの心理(=真理?)をみごとに言いあらわしていると思いませんか?

 最後に、日垣隆著「売文生活 (ちくま新書)」。これも本屋で見つけてしまいました。もちろんこの本の存在は以前から知っていましたが、明治時代ぐらいの話なんだろうと思いこんでいました。手に取ってみるとそうではない。けっこういけます。

 話は変わりますが、わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいるで、東大、京大、北大、広大の教師が新入生にオススメする100冊 があげられていました。私も結構たくさん読んでいて(または手元に積んである)安心しました(笑)。大学が4つありますが、他にも東北とか名古屋とか九州とか、一橋や東工大もあるといいですね。ちなみに私が読んでいないのは、ベストテンでは「解析概論」(高木貞治著、岩波書店)、「沈黙の春」(レーチェル・カーソン著、新潮社)、「ワンダフル・ライフ」(スティーヴン・J. グールド著、早川書房)ですが、他の7冊はどれもおもしろいです。若いうちに読んでおくべきよい本です。ベストテン以下でも、夏目漱石はともかく、ファインマン、GEBなんかも、文系でもおもしろく読めます。GEBはちなみに120ページぐらいで挫折して、「メタマジック・ゲーム」もはりきって買っちゃいましたけど、読まずに置いてあります(笑)。でもいつかまた読みたいですね。ブログの記事にはかなり共感しました。

 ちなみに司馬遼太郎著「竜馬がゆく〈4〉 (文春文庫)」は現在4巻まで来ています。ようやく半分。ゆっくり読んでいます。

 このサイトでは毎年10月には、「今年読んだベスト」をあげていました。11月に入りましたけど、これぐらいの時期のほうがよりたくさんの本をフォローできますね。近いうちに考えたいと思います。
posted by zxcvaq at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108998530
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。