2008年08月25日

梅森浩一著「残業しない技術」

梅森浩一著「残業しない技術」扶桑社、¥1,050
薄い本でした。通勤電車の往復1時間の間に2回読めて、このブログを書ける程度に。役に立つかどうかは個人差も大きいと思います。著者は就職したばかりのペーペーのビジネス・パーソンを念頭において書いていらっしゃるようですから、すでに社会人になって5年以上立っているような人なら、立ち読みで終わられてもよろしいのではないでしょうか。

 この本では仕事を「サクっとこなす」ことを目標に書かれています。著者はこの「サクっ」を「手抜きではなく、スマートな過不足のなさ」とおっしゃっていますが、「サクっとこなす」という言葉が多用されるのを聞いていると、ずいぶんケーハクで手抜きをしているように思えるから不思議ですね(笑)。

 けなしておいて、では得るところがなかったかといえば、そんなことはありません。「80%でもやりすぎ!」では、「あなたのその仕事のやり方は、たんなる『自己満足』ではないですか?」(p.14)とたずねられて、思わずハッとしてしまいます。また、早く帰る日にこそいいスーツを着る、気分転換にネクタイを変えるだけでなく、メガネや腕時計を変えてみるというのは、私にとっては斬新でした。
 反面、「ホワイトボード演技術」で使われている姑息な手段を見ると、外資系企業でこの人はこんな仕事してたんかと思わず天を仰いでしまいました。こうまでしないと残業を免れることはできないのかと思ってしまいますが、たまに早く帰るというのであれば、きちんと上司や同僚に伝えて気持ちよく変えるほうがいいのではないかと思うのですが……

 さて、私がこの本でもっとも共感できたのは、「プライベート最優先」の項目です。この本を読む前でしたが、私も「次の正月休みは海外旅行しますから」とちょうど宣言したところでした。本当に行くかどうかはまだ未定ですが、宣言した以上は仕事をこなしておかないと、何を言われるかわかりません。自分へのプレッシャーにもなり、良い効果が得られるだろうと勝手に思いこんでいます(笑)。筆者は「最後に」でも、ふたたび「プライベートな時間の大切さ」を説きます。人の時間を使うことに私はたしかに無神経だったように思います。結局それは同じように自分の時間も人に使われてしまうことにつながるのではないでしょうか? 同じ与えられた24時間を、どう有効に有意義に使うか?
 その点で「自分の頭の中で『完璧な段取りができていたから』」(p.95)という状態を作るのは、私に足りない部分として、今後の課題です。事前にいろいろなことを想定しておくというのが私は苦手です。やってみてから考えるタイプですから。取りかかる前にいろいろ考えておけば、もう少し段取りもよくなるかと思います。
 
posted by zxcvaq at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。