2008年07月30日

銀行のひみつ

学研まんがでよくわかるシリーズ30「銀行のひみつ」

学研のシリーズです。子どものころ私もよくお世話になりました。以前証券会社について触れたものがありましたが、銀行のほうが後発です。お年玉をふりだしに、社会の中で銀行が果たしている役割を要領よく説明しています。よく、お金は社会の血液であると喩えられますが、お金が循環していく様子がうまく説明できていると思いました。もっとも、子どもが銀行の3つの機能、預金・貸付・為替を理解できるか疑問ですが(笑)。

 銀行は、社会の中でお金を動かす役割を果たしていますが、言葉を換えると銀行は社会の中で、「お金」に着目し、お金の面から社会を見ているといえます。しかし社会は単なるお金の動きだけでなく、人件費(=給与)だったり、会社がお金を出してモノを買う動きにつながっているわけで、こうしたお金と人との関係、お金とモノとの関係は、子どもにもぜひ理解しておいてほしいと思います。

 この本でモデルになっているのが三井住友銀行なのですが、この銀行には「銀行ツアー」というのがあるそうです。「1億円の束を持ってみる」のはぜひやってみたい(笑)。10kgあるそうですから、皆さんもぜひ(笑)。

 これを読んで思ったのですが、夏休みには子どもの自由研究で会社などの社会見学に行ってみたいと思いました。理科の研究はいろいろありますが、たまには社会系の研究もいいのではないかと。モノ作りの現場ばかりでなく、銀行などはぜひいってみたい候補ですね。もちろん、工場見学もOKですよ。よく、ビール工場の見学などは最後に試飲があってオイシイと言われますが、子どもの研究でビールはないでしょうから(笑)、お菓子工場などはよろしいのではないでしょうか。

 私が以前勤めていたメーカでは、かなり大きいものを作っていました(出荷はトン単位でした)ので、工場見学の案内は私自身がとても好きでした。ダイナミックな動きが見えて、喜ばれていました。食品工場などはこうはいかないでしょうけど、子どもにとっては最近の食品をめぐる問題を考えるきっかけになるのではないかと思います。
posted by zxcvaq at 06:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆(お時間があれば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

まんがでよくわかるシリーズのこと
Excerpt: ブログから検索 学研のひみつ学研の「まんがでよくわかるシリーズ」というものがある。[2008-08-10T03:36:00Z] by googlehttp://soulful.at.webry.inf..
Weblog: WEBの情報缶!
Tracked: 2008-08-13 23:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。