2008年07月17日

樋口健夫著「図解 仕事ができる人のノート術」

樋口健夫著「図解 仕事ができる人のノート術 - ノートを使って深く考え、発想する122の方法!!」東洋経済新報社、¥1,575
樋口健夫氏はまちがいなく、私の師匠です。今日の私を形成している少なからぬ部分に、樋口さんの影響があると思います。コメントもいただきましたので、久しぶりにこの本を引っ張り出し、読み返してみました。奥付を見ますとこの本は2003年9月発行。そのころ購入していると思いますので、今から4年半ほど前になりますが、内容はまったく古びていません。

 たとえば、会議ではテーブルの図を描き、席順を書いていくことをしていますが、これは樋口さんの受け売りだったのですよね。研修などの初対面の場で、名前を聞いた先から書いていき、必ず名前で問いかけることは大事だと思い、実践していたのですが、これはこの本を読んでからはじめた習慣でした。また、なんでもノートに取り込む姿勢も樋口さんからの影響です。電卓、付箋、名刺、定規、お金、コンタクトレンズの予備、USBメモリ…… 何がなくてもノートさえあれば、それほどこまらないという状況です。逆にもしこのノートをなくしたらと考えると、ぞっとしますね。

 さて、樋口さんはノートを使い倒していらっしゃいます。私はまだここまでには至っていませんが、改めてこの本を読み返してみて、まさに「ノートは人なり」。もし自分が死んでも、このノートがあれば「私」という人格はこのノートに残る、そうなりそうです。すべてを記録する発想、「ユビキタス・キャプチャ」という言葉は最近知りましたが、そのための一つの方法が樋口さんのやりかたです。このあたり、私はまだまだ改善の余地があって(笑)、自分なりの方法をいまだ模索中です。

 この本のキモはいわゆる「アイデアマラソン」で、やればおもしろいと思いつつ、いまだに実行に移せていません。同じことをやる必要はないので、自分なりの「何か」を見つけたいと思っているのですが、仕事とプライベートを分ける方法(あるいは分けない方法)がみつかっておらず、苦慮しているところです。この本自体、まだまだお世話になることが多そうで、少なくとも近い将来にBOOKOFFに行くことはないでしょう(笑)。また読みたいと思っています。
posted by zxcvaq at 05:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。アイデアマラソンの考案者の樋口健夫です。アイデアマラソンの継続がんばってください。また開始日、総発想数など、教えていただければ、幸いです。
Posted by 樋口健夫  at 2008年07月17日 08:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103034873
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。