2008年06月14日

チームハックス

大橋悦夫・佐々木正悟著「チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術」日本実業出版社、¥1,575
チームで仕事をするときのコツを紹介した本です。特にブログやwikiを使う手法は参考になります。これは一人でやっていても意味がない。チームの全員が使うことが前提です。私の職場には、一人一台のPC環境はありませんので、残念ながらそのままは使えませんが、それでもやってみようというのがいくつかあります。

 Webツールはとても有効だと思います。一人で何かを成すのではなく、共同で作り上げる。wiki、google calendar、はてなグループなど、無料で使えるWebツールは、多くの人にとって有効でしょう。オンラインに載せることで、個人情報が流出するなどの危険性はありますから、そのあたりの取り扱いは要注意ですが、普通の使いかたをしている分には問題ないでしょう。予定を共有したり、タスクを公開するのはプレッシャーにもなるでしょうが、仕事を前に進める力が大きいことも事実だと思います。google calendarはIDを持っていますが、今はほとんど使っていないので、ふたたび使ってみようと思っています。しかし予定はカレンダに書き込むのが一番使い勝手がいいのですよ。転記する手間が発生すると、結局使わなくなっていくのかなと思いますが、このあたりはさらに考えておく必要があります。

 この本のもう一つのウリは、ITとは正反対のことがら、実社会でのコミュニケーションです。それは「気配り」だったり、「声がけ」です。ちょっとした、「ハック」なことがらに心理学的な裏付けをしながら解説する形式となっています。
 私はどちらかというと、いわゆる「アナログな」コミュニケーションは得意ではありません。伝えることを忘れていたとかよくありまして、迷惑をかけてしまうことが少なからずあります。メモをとっていても忘れますし、メモを取ること自体を忘れてしまうこともしばしば。もうどうしようもないぐらいに、ダメダメですね。どんなツールを使おうと、結局この部分がなおざりになってしまっていては、組織としては完全な形で機能することはないでしょう。

 「アナログ」だけなら今イチ、デジタルだけでもダメ。そのあたりのバランスは必要になると思います。
posted by zxcvaq at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100456412
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。