2008年07月30日

銀行のひみつ

学研まんがでよくわかるシリーズ30「銀行のひみつ」

学研のシリーズです。子どものころ私もよくお世話になりました。以前証券会社について触れたものがありましたが、銀行のほうが後発です。お年玉をふりだしに、社会の中で銀行が果たしている役割を要領よく説明しています。よく、お金は社会の血液であると喩えられますが、お金が循環していく様子がうまく説明できていると思いました。もっとも、子どもが銀行の3つの機能、預金・貸付・為替を理解できるか疑問ですが(笑)。

 銀行は、社会の中でお金を動かす役割を果たしていますが、言葉を換えると銀行は社会の中で、「お金」に着目し、お金の面から社会を見ているといえます。しかし社会は単なるお金の動きだけでなく、人件費(=給与)だったり、会社がお金を出してモノを買う動きにつながっているわけで、こうしたお金と人との関係、お金とモノとの関係は、子どもにもぜひ理解しておいてほしいと思います。

 この本でモデルになっているのが三井住友銀行なのですが、この銀行には「銀行ツアー」というのがあるそうです。「1億円の束を持ってみる」のはぜひやってみたい(笑)。10kgあるそうですから、皆さんもぜひ(笑)。

 これを読んで思ったのですが、夏休みには子どもの自由研究で会社などの社会見学に行ってみたいと思いました。理科の研究はいろいろありますが、たまには社会系の研究もいいのではないかと。モノ作りの現場ばかりでなく、銀行などはぜひいってみたい候補ですね。もちろん、工場見学もOKですよ。よく、ビール工場の見学などは最後に試飲があってオイシイと言われますが、子どもの研究でビールはないでしょうから(笑)、お菓子工場などはよろしいのではないでしょうか。

 私が以前勤めていたメーカでは、かなり大きいものを作っていました(出荷はトン単位でした)ので、工場見学の案内は私自身がとても好きでした。ダイナミックな動きが見えて、喜ばれていました。食品工場などはこうはいかないでしょうけど、子どもにとっては最近の食品をめぐる問題を考えるきっかけになるのではないかと思います。
posted by zxcvaq at 06:11| Comment(0) | TrackBack(1) | ☆(お時間があれば) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

外山滋比古著「思考の整理学」

外山滋比古著「思考の整理学 」ちくま文庫
mehoriさんのLifehacking.jpで、この本についてふれておられました。ブログに「四半世紀前に書かれた」とあったので、新刊の所在を確認することなく、図書館に直行して借りてきたのですが、職場の机の上に置いていたこの本を見た同僚から、「あら、もう読んでるんだー」と言われてしまいました。この本、今でも売れ続けているそうですね。読売新聞の下段の書籍広告で紹介してありました。私とは読書傾向のちがうかたですけど、変わった名前なので覚えていたとおっしゃっていました。しかし外山滋比古なんて、今どきの人は知らないのですね(笑)。

 私はたぶん、この本には高校生ぐらいの時に出会っていたと思います。手にとって読んでみるまで全くそのことを忘れていましたが(笑)。しかも私の中ではこのかたと、同じころに知った那野比古氏、NHKのアナウンサー国井雅比古氏がセットになっています(笑)。「比古」つながりですね。

 前置きはこれぐらいにして、この本を初めて知ったのはおそらく川喜田二郎氏の「発想法」や梅棹忠夫氏の「知的生産の技術」と同時期に、たぶん図書館で並べてあったのを見て手に取ったのではないかと思います(なにせ昔のことですので、詳細は忘却の彼方……)。

 mehoriさんは「(前略)この本は、このブログ(引用者注:mehoriさんのブログLifehacking.jpのこと)で書きたいと思っていたようなことを全て先取りしていますので、自分にとっては危険な本でもあります」と書いておられます。内容についても詳しく書いていらっしゃいますので、私のほうではあえてつけ加えませんが、今読み返してみてもインスパイアされることが多いと思います。「考える」ということをシステム化し、「考えつく」ための様々な方法について書かれた本といえるでしょう。カードの作りかた、メモの取りかた、そこからデータを整理して論文を仕上げる。普段のブログではもちろんここまでやっていませんけど、こういうのを読むと、自分でも何かまとめてみようかと思ったりします。
posted by zxcvaq at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

樋口健夫著「図解 仕事ができる人のノート術」

樋口健夫著「図解 仕事ができる人のノート術 - ノートを使って深く考え、発想する122の方法!!」東洋経済新報社、¥1,575
樋口健夫氏はまちがいなく、私の師匠です。今日の私を形成している少なからぬ部分に、樋口さんの影響があると思います。コメントもいただきましたので、久しぶりにこの本を引っ張り出し、読み返してみました。奥付を見ますとこの本は2003年9月発行。そのころ購入していると思いますので、今から4年半ほど前になりますが、内容はまったく古びていません。

 たとえば、会議ではテーブルの図を描き、席順を書いていくことをしていますが、これは樋口さんの受け売りだったのですよね。研修などの初対面の場で、名前を聞いた先から書いていき、必ず名前で問いかけることは大事だと思い、実践していたのですが、これはこの本を読んでからはじめた習慣でした。また、なんでもノートに取り込む姿勢も樋口さんからの影響です。電卓、付箋、名刺、定規、お金、コンタクトレンズの予備、USBメモリ…… 何がなくてもノートさえあれば、それほどこまらないという状況です。逆にもしこのノートをなくしたらと考えると、ぞっとしますね。

 さて、樋口さんはノートを使い倒していらっしゃいます。私はまだここまでには至っていませんが、改めてこの本を読み返してみて、まさに「ノートは人なり」。もし自分が死んでも、このノートがあれば「私」という人格はこのノートに残る、そうなりそうです。すべてを記録する発想、「ユビキタス・キャプチャ」という言葉は最近知りましたが、そのための一つの方法が樋口さんのやりかたです。このあたり、私はまだまだ改善の余地があって(笑)、自分なりの方法をいまだ模索中です。

 この本のキモはいわゆる「アイデアマラソン」で、やればおもしろいと思いつつ、いまだに実行に移せていません。同じことをやる必要はないので、自分なりの「何か」を見つけたいと思っているのですが、仕事とプライベートを分ける方法(あるいは分けない方法)がみつかっておらず、苦慮しているところです。この本自体、まだまだお世話になることが多そうで、少なくとも近い将来にBOOKOFFに行くことはないでしょう(笑)。また読みたいと思っています。
posted by zxcvaq at 05:47| Comment(1) | TrackBack(0) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

頭のいい人がしている整理・ファイリング術

桃山透著「頭のいい人がしている整理・ファイリング術」ぱる出版、¥1,470
部屋をきれいにすることはできても、むずかしいのはそれを維持することでは? との疑問から、たまたま目についたこの本を読みました。筆者はまず、「ファイリングをしなさい」と勧めます。で、クリアフォルダや角2封筒はいいのですが、2穴ファイルになると穴をあけなければならないので、もう面倒。「ファイリングをする癖をつけよう」といわれて、それができないから苦労してるんだろう、と一人でツッコミを入れてしまいます。しかし第2章「ファイリングに効く道具活用法」でホチキスやダブルクリップ、長形封筒とゼムクリップときて、これくらいならできるかなと思わせる構成ですね。「ワンペーパーカッター」も便利で、さっそく買いに行こうかと思ったぐらいです(笑)。これ、なんで1枚しか切れないのでしょうね? それはともかく、使ってみたらきっと便利だろうと思います。

 本書はこのあと、机の整理とPCのデータの管理について述べています。PCのファイリングについては、参考になる人が多いのではないでしょうか。私はかなりおおざっぱな分け方しかしていませんけど、捨ててさえいなければ検索でひっかかりますから、それほど心配していません。作成した時期とか、キーワードはそれほど忘れませんから、あまりこだわらなくてもよいかと思います。
 PCでのデータ管理について、私は知らなかったのですが、「デスクトップ上部に、フォルダの内容を表示させる」(p.126)というワザ、これは使えますね。過去に作ったデータを使い回して新しいファイルを作ることは少なからずありますし、そのときに二つ以上のファイルを参照することもあります。するとデスクトップが開いたフォルダでいっぱいになりますので、探すのも大変です。これはさっそく今日から使わせていただきます。

 さて、この本でもっとも参考になるのは、最後の第7章でしょう。整理を行き届かせるためには結局、モノをいかに減らすか(貯めこまない)が大事なのだろうと思います。書類を手にした瞬間に分類する−−必要でないものはすぐに捨て、また必要性がなくなったらたちまち処分することで、モノを増やさないよう努力しなければなりません。このあたりのキモが第7章です。ケータイ、カバンなど道具も視野に入れ、「これならできるかも」と参考になります。「使える」手法を採り入れて、私なりの「ファイリング術」を研究したいと思います。
posted by zxcvaq at 05:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

2008年7月の読書

本が貯まっています。まず新谷弘実著「病気にならない生き方 2 実践編」。会社の同僚から1年以上前に借りた本ですが、まだ読んでいません(笑)。借りっぱなしであることを思い出したので、すぐに読んで返そうと思います。で、他の本を貸してもらおうかと(笑)。借りている本といえば、梅田望夫著「ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)」。図書館で借りていましたが返しています。読みましたので、これから本屋で購入予定です。
 山根一眞著「賢者のデジタル」はおもしろそうです。「変体少女文字」で山根氏の名前を知り、「山根式袋ファイル」でもお世話になりました。「メタルカラーの時代〈1〉 (小学館文庫)」は雑誌連載をちらちら読んでいましたが、このかたを取り上げたことは今までなかったですね。「賢者のデジタル」はここ10年の新聞連載をもとにした本で、山根氏が使ってきたデジタル・ガジェット、およびデジタル機器をめぐる世の中の動きをレビューしていらっしゃいますが、10年も経つとデジタル機器の進化はすさまじいですね。最初に書かれた記事と、現在(2007年時点)からの比較を行っている点でおもしろいです。10年間の機器の進化を確認でき、またこの間の社会の移り変わりをリアルタイムで伝えていらっしゃったようです。Y2Kなんて、今思うと何だったのだろうかと思ってしまいますが、あれから10年近く経ったのですね(遠い目)。

 最後に、築山節著「脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書 250)」。「脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)」の続編に当たるそうです。思考を整理し、記憶を強化し、アイデアを生み出して前向きな自分を作る手助けをしてくれる本。これまた読むのが楽しみです。
posted by zxcvaq at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。