2008年06月16日

お金は銀行に預けるな

勝間和代著「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)」光文社新書、¥735
勝間さんの金融リテラシーに関する本です。「勉強本」で以前からお世話になっていましたが、この本は勝間さんのご専門に関する著作で、啓蒙書ですね。

 さて、お金を運用するのはなぜ大切か? 金融の知識を活用することにより、労働からの収入にばかり頼るのではなく、金融からの収入を得て「仕事だけに依存しない」生活を築くことを勝間さんは勧めています。いわゆるワークライフバランスですね。日本人の多くが資産運用を預貯金・持ち家・生命保険の「三本柱」で支えていることは著しくバランスを欠く。「本書を読み終えた1年後には、金融の基礎知識や商品知識をだいたい理解し、自分の意志で資産構成を決められ、おおまかなリスクとリターンを管理できるというところにゴールを設定しています」(p.8)との明確な意図が、本書に込められています。

 本文では、まず第一章で金融リテラシーの必要性について述べ、第二章では具体的な金融商品について解説をしています。株や投資信託に限らず、広く不動産や生命保険、商品にも目配りをしており、私も勉強になりました。第三章はいよいよ実践。「金融でしっかり儲ける方法の基本5原則」、「金融リテラシーを身につけるための10のステップ」などは参考になるでしょう。この「10のステップ」にならい、今年はぜひステップ8の「投資信託以外の商品」、すなわちFXや商品などをはじめたいと思っているところです。

 最後の第四章は「金融を通じた社会責任の遂行」として、資本主義の限界に対して金融リテラシーを身につけることで何ができるのかを考えています。ここ20年あまり、小さな政府を志向してきたことで所得格差が広がっています。減ることの確実な年金をおぎない、そして自分だけでなく、子孫までもが格差に苦しむ可能性を減らすため、われわれは金融リテラシーを身につけることが必要である。また「金融には、政治と同じように社会を変えうる力がある」(p.209)、あたかも「私たちが政治について参政権を持っているように、経済についても投資を通じて参政権を持っている」(p.215)かのように振る舞えるのだとしています。つまり私たちは「短期的な利益につながらなくとも、中長期的には社会全体をより充実させる方向性をもった企業に投資する」(p.212)ことができるのです。これは大切なことだと思います。株を買うことをよく「企業を応援する」ことにたとえますが、短期的な利益を求めて頻繁に売買を重ねるのではなく、中長期的な視野を持って応援する。長いこと持っていられる株を選ぶ姿勢は必要です。地元の企業、環境・文化・社会への貢献、従業員への配慮など、多様な点を考慮する必要があると思います。SRI(社会責任投資)ファンドを有効に活用してもよいでしょう。
 最後に、金融教育について述べておられます。このサイトでもカテゴリを設けていますが、最近は何もエントリしていませんね。わが家では今年、2番目の子が小学校に上がりますから、また「おこづかい問題」が出てくると思います。このことも今後考えていきたいと思っています。
posted by zxcvaq at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

チームハックス

大橋悦夫・佐々木正悟著「チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術」日本実業出版社、¥1,575
チームで仕事をするときのコツを紹介した本です。特にブログやwikiを使う手法は参考になります。これは一人でやっていても意味がない。チームの全員が使うことが前提です。私の職場には、一人一台のPC環境はありませんので、残念ながらそのままは使えませんが、それでもやってみようというのがいくつかあります。

 Webツールはとても有効だと思います。一人で何かを成すのではなく、共同で作り上げる。wiki、google calendar、はてなグループなど、無料で使えるWebツールは、多くの人にとって有効でしょう。オンラインに載せることで、個人情報が流出するなどの危険性はありますから、そのあたりの取り扱いは要注意ですが、普通の使いかたをしている分には問題ないでしょう。予定を共有したり、タスクを公開するのはプレッシャーにもなるでしょうが、仕事を前に進める力が大きいことも事実だと思います。google calendarはIDを持っていますが、今はほとんど使っていないので、ふたたび使ってみようと思っています。しかし予定はカレンダに書き込むのが一番使い勝手がいいのですよ。転記する手間が発生すると、結局使わなくなっていくのかなと思いますが、このあたりはさらに考えておく必要があります。

 この本のもう一つのウリは、ITとは正反対のことがら、実社会でのコミュニケーションです。それは「気配り」だったり、「声がけ」です。ちょっとした、「ハック」なことがらに心理学的な裏付けをしながら解説する形式となっています。
 私はどちらかというと、いわゆる「アナログな」コミュニケーションは得意ではありません。伝えることを忘れていたとかよくありまして、迷惑をかけてしまうことが少なからずあります。メモをとっていても忘れますし、メモを取ること自体を忘れてしまうこともしばしば。もうどうしようもないぐらいに、ダメダメですね。どんなツールを使おうと、結局この部分がなおざりになってしまっていては、組織としては完全な形で機能することはないでしょう。

 「アナログ」だけなら今イチ、デジタルだけでもダメ。そのあたりのバランスは必要になると思います。
posted by zxcvaq at 04:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

2008年6月の読書

5月はなぜか本をたくさん買ってしまいました。たくさんといっても3冊、斉藤孝+梅田望夫「私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))」、佐藤優+亀山郁夫「ロシア闇と魂の国家 (文春新書 623) (文春新書 623)」、吉本佳生「スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学」。どれも迷った末に買いました。「私塾のすすめ」は梅田氏の「ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)」と、「ロシア闇と魂の国家」は亀山訳のドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)」、「スタバではグランデを買え」はティモシー・フェリスの「なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?」と。脈絡があるようなないような迷いかたですが(笑)、ともかく買った本はこの3冊。もう、おもしろいに決まっていますので、早く読みたいのですが、やはり車通勤に変わってしまってからは本を読んでいる時間が少なくなりました。寝る前に布団の中で本を開きますが、5分と持たず、夢の中…… 図書館でもいくつか借りていますので、読めないですよ(笑)。しかし日垣隆氏が、40代は1日5冊読めと書いていらっしゃいますので、ざざっと目を通して(それでいいのかな?)、まとめてみたいと思っています。その日垣隆「ラクをしないと成果は出ない」も要チェックです。
posted by zxcvaq at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。