2007年05月31日

ピーター・フランクル著「ピーター流らくらく学習術」

ピーター・フランクル著「ピーター流らくらく学習術」岩波ジュニア新書、¥777
以前、ピーター・フランクル氏の「ピーター流わくわく旅行術」を読んでおもしろかったので、この本を見かけたら速攻で購入しました(笑)。

 ピーターさん(と親しみをこめて呼ばせていただきます)は、楽しく、楽に、たくさんのことを勉強されています。趣味は勉強! 私の周りにもこういう人はいますが、でも「趣味」と言い切るのはなかなかできないかな?
 ピーターさんは数学者にして12か国語を操る、いわば「天才」の部類に属してしまう人ですから、私たち凡人と比べてもあまり参考にならないのではと思われる向きもあるでしょう。たしかに数学は才能が大きくモノをいうのではないかとは思いますが、でも語学は(ま、これも才能はかなり重要だと思いますが(笑))、日常会話程度なら努力でかなりの部分をカバーできると思うので、凡人にも参考になるところはたくさんあるかと思います(笑)。

 と、凡人である私も凡人なりに得られるところがあればと卑屈な気持ちで読み始めたのですが(笑)、語学の勉強方法などはかなり参考になります。しかし、それ以上にこの本から「学ぶことは楽しい」ということを感じ取れたら、読んだ価値はじゅうぶんにあると思います。

この本は、
1. ピーターさんの生きかた
2. 語学などの学習の方法
3. 日本社会への提言
という3つの視点から読んでみます。

1.ピーター・フランクルさんの生きかた
1)「人の財産は頭と心だけだ」  冒頭、ピーターさんのお父様の話が出てきます。お父様はピーターさんによくこういっておられたそうです。ユダヤ人は教育に熱心であるとよく聞きます。しかしユダヤ人に限らず、これからの世代が発展していくために教育は欠かせません。教育を重要だとする姿勢は見習いたいと思います。
2)自信を持つこと  私の子どもは、段差があると子ども自身がそれを飛べるかと聞くのですよね。私の答えはいつも同じで、「飛ぶ能力はある。でも飛べないと思ってしまうと飛べないよ」。自分に制約を課してしまうと、できるものもできなくなってしまうと思います。ピーターさんはそのために、グループではなく、一人で行動を起こすことを勧めます。そしてそのために、人より優れているものを一つ、見つけることを提案されます。でも才能がなく、人より優れたものがなかったら? そこが努力の介在する余地なのです。ピーターさんで言うと、ジャグリングがそう。最後にものを言うのが才能だとしても、誰でも最初から手の数より多いボールを投げられるわけではありません。
3)他人と比較しない  できる人と比べて自分はダメだとか、ついやってしまうんですが、うちの子はクラスの誰かと比べてどうだとか、思ってしまうのですよね。しかしこれはいけません。「人間をダメにするのはほかの人との比較です」(p.98)。そうではなく、「人間が一番気にかけるべきなのは、今日の自分が昨日の自分よりも少しよくなることです」(p.98)。

2. 語学の勉強法
ピーターさんが学生時代にドイツ語のあまり得意でない先生から教わったという方法に、1日に10個ずつ単語を覚えていくというのがあったそうです。これ、誰でも考えつくのですね(笑)。高校時代はこういう勉強をよくさせられました。単語テストとか言って、「でる単」みたいなやつの小テストが毎朝のようにあるというアレ。意味ないでしょ(笑)。高校生の時は、あんなもの何の意味もないと思って全然やりませんでしたが、私も社会人になってから新しい語学でもはじめようと思った途端、なぜかあの方式を思いついたのです(笑)。2日目にして挫折しました(笑)。単語はそれだけで覚えられるわけありません。なるべくセンテンスの中で覚えていくほうが覚えやすいですし、そこから派生して単語を増やしてやるほうが有益ですね。辞書を引くと例文が出てきますから、そちらをいろいろいじってやったり。
 あと、とにかくしゃべってみるというのは大事だと思います。これも高校のころでしたが、英語で日記をつけることをしてみなさいというのと、間違って覚えてしまうと意味ないから英語で日記などつける必要なしというのと、二つの異なる意見を耳にしたことがあります。私にとってはもちろんやらない理由をあげておくほうが面倒がなくてよいですので、後者を言い訳に書かなかったクチなんですが(笑)、これもよく考えればやるほうがいいですね。まちがいを気にしていたら身につきませんから、とにかく英語を使う機会を増やしてやるほうが、絶対に身につきます。ピーターさんも述べておられますが、英語でひとりごとを言ってみるとか。「意味ない」とバカにするのは簡単ですけど、それで何もせず、結果的に何も身につかなければもっと意味がありません。自分が書いたりしゃべったりしたことを「正しい」・「正しくない」と検証することは大事ですが、それは「しないよりしたほうがよい」という程度で、最初のうちはとにかくまちがいを恐れずにじゃんじゃんしゃべらせるべきだと思います。もちろんネイティブや先生に検証してもらえるのであれば、その機会を100%利用するべきです。

 自分以外の人が提案する勉強の方法は、とにかくやってみるべきですね。もちろん1日に単語を10覚えなさいというような暴論もありますけど(笑)。他人が進める方法でも、できるものもあればできないものもあるわけで、できるものだけでけっこうですから、とにかくやろうとしてみるべきです。英語に身をさらすというか、わからなくてもCNNを聞いてみる。聞かないよりはよいと思います。そして継続すること。意志こそが力を生むのだと思います。

3. 日本社会への提言
ピーターさんは日本社会への提言として、「日本のソフト化」をおっしゃっています。これはコンピュータで言うところのソフト、「頭」を鍛えよということです。それは若い人材を育成することだけではなく、優秀な頭脳を輸入せよとおっしゃいます。こういう発想はあまりないような? たとえば東大の先生を見ても、外国人といえば語学ばかりだそうです。見たことはありませんが、そうであるような気はしますね。アメリカではこれから大学生になるような人より、修士や博士のほうがは入りやすい。つまりアメリカにとって役立つ人をたくさん受け入れている。またアメリカの大学の名簿を見ると、アメリカ生まれでない教官が半数以上を占めていると言うことですから、日本とは大きく姿を異にしています。

 こうしたことから、日本の教育自体もソフト化していくべきだとおっしゃっていますが、これにまったく反対であるのが部活と制服であるとのこと。ちなみに日垣隆氏も部活には反対だそうですが、私は高校生の頃、担任から進学に邪魔だから部活は辞めろと言われても無視して続けていました(笑)。結局浪人しましたけど(笑)。部活、悪名高いですね。運動は好きなのですよ。でも今考えると、あの軍隊みたいなやり方はダメですね。私が部活を続けられたのも、顧問が実質的に不在で、いわゆる先輩・後輩の縦の関係も強くなかったからです。逆にだから担任は部活を辞めろと言ったのでしょうが(笑)。制服もやめたほうがいいですね。詰め襟とか学生以外着ないし。お金はかからないでしょうが、あれはファッションセンスをダメにすると思います。ちなみに私、中学生の頃は坊主頭でしたし、私が今日あるのは坊主頭と制服によるところ大です(笑)。
 同じ観点から、ルールを最小化することも言っておられます。これは私もいつも感じます。ルールは結局、官僚など頭の良いかたがたの権益を増すばかりで、無駄な税金が投入される温床になってしまっているような?

 最後に、日本人が海外に旅行するときにはツアーではなく、自分でアレンジすることを勧めています。これは以前の「旅行術」でも書いたのですが、私もツアーだけは勘弁してほしい。自分の旅行ぐらい、自分の好きなようにしたいと思います。面倒くさい? それが楽しいじゃないですか!
posted by zxcvaq at 06:25| Comment(0) | TrackBack(2) | ☆☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

TOEIC受験

昨日、久しぶりにTOEICを受験してきました。手元のスコアカードを見ますと、前回の受験は2001年1月ですから、実に6年ぶりの受験ということになります。

 TOEICが変更になってからはじめての受験でしたが、特にとまどうことはなかったですね。何がどう変わったのか、あまりよくわかりませんでしたが、たしかに何となく違っているなと感じました。一つ、以前は問題用紙に書き込むことはあまり問題ではなかったような気がしていましたが、今回問題用紙への書き込みも不正行為と見なすようなことを言われて、これにはちょっとあわてました。先に問題用紙に答えを書いておいて、あとからまとめて転記するのが私のやりかたでしたから。書き込んじゃいけないと言われたのでいっさい書き込みはしませんでしたが、別にチェックするわけでもないでしょうに、このあたりが私のカワイイところ。

 それから、あいかわらずというか、受験者は圧倒的に女性が多いですね。男性はとても少ない。都会地ではもうちょっと違うと思いますけど、私の住む田舎では仕事で英語を使うということがほとんどないでしょうから、男性の受験者の少なさがより際だつのでしょう。

 肝心のテストですが、どうですかね? だいたいいつも最後の数問が時間切れになってしまうのですが、今回はとりあえずですが最後まで全部解答を埋めることはできました。これまでの傾向では、リスニングは比較的できるのですが、リーディングはあまり得意ではなくて、だいたい100点ぐらいリスニングのほうが点がいいのです。今回はその差が縮まっていることを期待したいですが。特に試験対策で何か英文を読んでいることはありませんので(笑)、これまでと同じ感じでしょうか。リスニングの点が下がって得点差が縮むのは願い下げにしたいですが(笑)。
posted by zxcvaq at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 語学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

田村秀著「データの罠―世論はこうしてつくられる」

田村秀著「データの罠―世論はこうしてつくられる
無作為で抽出された標本は5%の誤差で推定する場合、400弱あればじゅうぶん。誤差2%なら2,500程度でじゅうぶんなのだそうです。大学時代、ゼミの先生が「サンプル数3,000程度の調査であれば、ほぼ信頼に足る」とおっしゃっていたのはこういうことだったのかと合点が行きました。だから問題はまず対象の選びかた。新聞の世論調査だと新聞名を出した時点で右とか左とかの毛嫌いするかたがたくさん出ていらっしゃいますし。性別、住んでいる地域、年齢、その他要素がきちんとバラけていることが大切です。

 そして筆者によれば(というより「統計学によれば」との説明のほうが正しいかもしれないが)、もう一つ大切なのは回答率。できれば60%、最低でも50%程度は必要とのこと。統計学はいつかしっかり勉強したいと思っている分野のひとつです。アンケートや世論調査の持つ意味合いがよくわかるのではないかと思うからです。この本、文系で数学の得意でない、私程度の人間でもおもしろかったです。数式も算数程度のかんたんなもので、すんなりわかりました。

 最近職場でアンケートを作ったのですが、私も一つ、設問の中に作為的に「やむを得ない」というのを作っておいて、顧客満足度が低いという材料にさせていただきました(笑)。と言うわけでこの本、かなり使えます(笑)。

 面接方法による質の違い、特にインターネットを使った調査に問題が多いことはちょっと考えればわかります。インターネットやPCを使うことが特別なことではなくなった現在でも、こういった分野に関心を持っている人たちの回答が、無作為に抽出された回答と同一であるはずはありません。テレゴング(名前ははじめて知りました。テレビでよく利用されているやつ)もしかり。

 調査結果の利用についても、同じ結果を肯定的にとらえるのと否定的にとらえるのでは、ずいぶん印象が違ってきます。新聞など、複数のものに当たってみておくことも大切です。

 いろいろな調査について、たとえば都道府県や市町村等のランキングにはあまり意味がないと常々思っていましたが、中にはこうしたランキングを上げるための施策を採るところもあるそうで、住んでいる人にとっては迷惑な話です。もちろん自分が住んでいるところが上位にランキングされればうれしいですけどね。また経済効果についてもかなりうさんくさい数字であることが説明してあります。すなわち、間接的な効果など、プラスにカウントされそうなものはどんどん上げているのに対し、マイナスにカウントされるものはほとんど考慮されていないとか。ずっとこの手の話は疑問に思っていたのですが、すっきりしました。

 実例を挙げて説明していますが、やはり物事を批判的に見ておくことは大切だと思います。数字が上がっているからと言ってその数字が正しいとは限らないし、また正しいからと言って本当に額面通りに受け取っていいのか? そこに何らかの意図や誘導があるのではないかと疑ってみるのは大事で、やはり特定の方向へ誘導しているケースは少なからずあるようです。そうした世論を形成しようとすることは、しかたない面もあるでしょうが、我々はそのことには気づいておくべきだと思います。惑わされないことも大事ですし、「惑わされているのかもしれない」と意識しているだけでもずいぶん違うのではないでしょうか?
posted by zxcvaq at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

鎌田浩毅著「ラクして成果が上がる理系的仕事術」

鎌田浩毅著「ラクして成果が上がる理系的仕事術」PHP新書、¥777
「ラクして成果が上がる」とはまたずいぶんと打算的というか利己的というか、けしからんとお怒りのオトーサンもいらっしゃるのではないでしょうか(笑)。文系サイドからは「これだから理系の奴らは」との声も聞こえてきそうな今日この頃ですが、私にないものを期待して読み始めました。Lifehackもしかりですが、この手の本には弱いのですねワタクシ(笑)。仕事なんかどうでもいいと思っているからでしょうか、成果はラクして出したいと思います。渾身の力を振りしぼり、最高の仕事をしようなどとは考えていません(笑)。仕事のために生きているわけではなく、生きるために仕事をしているのですから、あくまでお金を稼ぐ手段と割り切っています。しかし寝る時間を除けば、家や家族と一緒に過ごす時間よりも長い時間会社にいるわけですから、同じなら楽しいほうがいい。仕事のしかた、同僚との会話、上司のとやりとりなど、ノウハウが有効であれば、参考にすればいいのではないでしょうか。

 さて、第1章に著者の仕事場の様子が写真で紹介されています。すべての資料にラベルが貼られ、分類されているとのことですが、私にはこのようなことはできません。いきなり敷居の高い話からはじまって、これはすぐブックオフ行きだなと思ったのですが(笑)、せっかくですから読み始めました。

 この本は3つの章、それぞれに3つの節からなっており、見通しのよい本です。具体的な手段として16の手法が上げられています。「理系」「文系」と分けるのはあまり意味がないというか、今どきの学生もこんな区分けするのでしょうか? 社会学系の学部でも今日び数学は必要ですし、理系学生も金融機関への就職が当たり前になっています。ただ、理工学部出身の私の友人は、たしかにこの本のように行動しているように思います(笑)。つまり「アウトプットまで最短距離で到達するためにどう動くか」につきる。あらかじめ結論を出しておいてから書く。しかしこれはアメリカで小学生向けに出版されているエッセイの書きかたの本にも書いてあります。日本って作文の授業をきちんとしないのですよね(笑)。こういうのは理系文系を問わず、小学生のうちに教えておいてほしいものです。

 話がそれましたが、ゴールに到達するための手段を、筆者はかなり具体的に説明してくれています。いろんな場所で聞いたことのあるようなものも多いですが、
○完全にこだわらない
○全体を見渡す
ことを目的とする手法は参考になります。また具体的なノートの取りかた、メモの作りかたなども使えるのではないかと思います。「効率的なアウトプットを行ううえでは「拙速は美徳」」(p.205)は大切です。とにかく早くアウトプットを出すことがもっとも大切。こまかい「てにをは」は、直すのが好きな人(=上司)が直してくれます(笑)。

 ちなみに鎌田氏と違い、私がレポートを作る場合には、とにかく最初からPCに向かいます。大量の「パーツ」を作っておく。その中から必要なものをカット&ペーストで仕上げていっています。最初に文書の流れは考えますが、書いていくうちに変わることもしばしばあります。書くうちに新たなアイディアが浮かぶこともありますから、これを織り込まない手はありません。また、何か書いてなければ作りようがないので、とにかく書きます。で、書くというのはとにかく関係ないことでもなんでも書いてしまう。鎌田氏も最後のほうでおっしゃっていますが、「アウトプット優先で行動すると、書ききれなかったり使わなかった余り(おまけ)が必ず出てくる。(改行)そうしたアイデアや資料には空の棚を用意して、ラベルだけ貼って保管しておく。(中略)オマケは宝の山である。新たな知的生産を行うための大切なシーズなのだ」(p.247)。そのためにもたくさん書いておき、PCに保存しておきます。あとでどれだけ使うかといえば疑問なのですが(笑)、とりあえずPC上のファイルなら場所は関係ありません。

 メモについては皆さんはどうしていらっしゃるでしょうか? 私はGTD関係の本だったかサイトだったかで見かけて以来実践しているのですが、家のカギがついているキーホルダ、あれに学生時代にお世話になった単語帳をつけています。あの、2cm×5cmぐらいの、表に単語を書いて裏に意味を書いたりして使っていた、あれです。ペンもいっしょに。だいたい、ペンは借りたりできるのですが、紙がなくて困ることのほうが多かったのですが、ちょっとしたメモにはこれで充分用が足ります。本屋とかで手帳を出して書き込むのは抵抗がありますが、これぐらいのサイズなら店員のかたに見られても大丈夫かなと(笑)。あと、この単語帳、1日10枚ぐらい使うことを目標にしています。とにかく何でもメモする。強引に発想をわかせるためです。このサイズだと長い文章は書けないので、アイディアを書き留めるといってもかなり限定的なのですが、座ってメモをとれるような場所であれば手帳に書き込めばいいわけですし、歩いていたり立っていてちょっと書き取っておきたいときに重宝します。これ必需品。

 時間管理については、「当日のスケジュールは、仕事始めの朝に書き出すのではなく、前日の仕事の終わりにあらかじめ作っておくとよいだろう」(pp.63-64)は実践しています。あとここに書いてありませんが、翌日の予定を考える時間を、あらかじめスケジュールしておくことも大切です。私の場合、17:30に終業ですが、17時から30分間をこれに当てています。以前は「帰る前に」と思っていたのですが、電車の時間が迫ってくるとそんなことしている暇がないので、とにかくこの30分だけは明日の自分のために空けるようにスケジュールしておくのです。そして金曜日はこの時間を少し長めに取り、翌週の予定を考えておきます。

 本に線を引いて読む、これも大切ですが、借り物の本とかブックオフに売るようなのはできませんから(笑)、ポストイットをたくさん用意しておきます。大きめのサイズのやつです。本には何かアクションを起こしておかないと、あとでレビューするとき大変なのですよね。そのままメモにも使えるかもしれませんし(私は使ったことありませんが)。

 こんなことを私は実践しています。全部を真似する必要はないし、この本の通りにしなければ生産性が上がらないというわけでもありません。打算的でけっこう。自分にあった方法を、自分にあう部分だけ取り入れる。一番大事なのは実行することです。
posted by zxcvaq at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆☆☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

5月の読書

GWに入りましたが、特に遠出する予定もなく、子どもの野球の応援や練習を見に行ったりするばかりの、静かな日々を過ごしています。朝が早かったりするのがツライですが……

 さて、今読んでいる本は、新谷弘実著「病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-」です。すでにいろいろな場所で話題になっていますが、遅ればせながら私も読んでみました。「乳製品を摂る必要はない」など、ショッキングとも思える内容だったりしますが、あながち「トンデモ」と決めつけてしまうのもどうかと思ったりします。人間の歯の本数から、理想的な食事は「植物性85%、動物性15%」であるというのは妙に納得してしまいます。もうすぐ読み終わりますが、これはたぶんアップしないかな?

 続いて、広瀬弘忠著「無防備な日本人」。同じ著者の「人はなぜ逃げおくれるのか―災害の心理学」に続いて読んでいます。これまでの日本人には「リスク」という考えかたが似合わなかったですが、今後は避けて通ることはできません。私自身がリスクとどう向き合えばよいか、この本を手がかりに考えてみたいと思います。

 久しぶりにお金に関する本ですが、金融広報中央委員会発行「金融商品なんでも百科〈平成18年度版〉」広く金融商品に目配りが聞いていて、価格は350円! これ1冊、じっくり読めばすごく勉強になると思います。銀行の預金や株、債券のみならず、保険や商品ファンドについても述べてあり、「最初の1冊」にはもってこいだと思います。これはいずれくわしく取り上げようと思っています。

 そして最後に個人的趣味で取り上げますが、佐藤優著「獄中記」。これはやはりすごい。読み始めるとおそらく全部ほかのものをなげうって読んでしまうことになるかと思うので、慎重に読み進めようと思っています。
posted by zxcvaq at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。